FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうする? 原発のゴミ

原発を動かせば必ず出る「核のごみ」。地下に埋めて見えなくすればよいのか。その問題の危険性と、現在の状況を原子力資料情報室の伴 英幸さんに分かりやすく解説していただきます。

テーマ: どうする? 原発のゴミ
お話: 原子力資料情報室共同代表 伴 英幸さん
 
日時: 2018年9月2日(日)午後1時半~4時
場所: 茨城県総合福祉会館 4階大研修室
    水戸市千波町1918サントル千波交差点わき
資料代: 300円(学生無料)
主催: ニコエコデイコ
    (事務局)〒300-0045土浦市文京町1-50富士火災ビル3階
          茨城県保険医協会内
          「核戦争を防止し平和を求める茨城医療人の会」
当日連絡先: 090-6718-7755

伴 英幸さんは、生活協同組合職員、脱原発法制定運動を経て1990年より原子力資料情報室スタッフ。1998年より共同代表。著書に『原子力政策大綱批判―策定会議の現場から』(七つ森書館)。

※伴さんの講演に先立ち、「原発や関連施設が周辺住民の健康に及ぼす影響」について、大前比呂思医師(反核医師の会原発問題プロジェクトチームメンバー、核戦争を防止し平和を求める茨城医療人の会世話人)より話題提供があります。
スポンサーサイト

講演会「福島第一原発事故から6年 報道されないフクシマの現実」

講師 獨協医科大学国際疫学研究室長・准教授 木村 真三さん
日時 2017年9月10日(日)午後2時~4時
場所 茨城県総合福祉会館 大研修室(茨城県水戸市千波町1918 サントル千波交差点わき)
資料代 300円(学生無料)
問合せ ニコエコデイコ090-6718-7755

木村真三さんは1967年愛媛県生まれ。放射線衛生学者。2000年北海道大学より博士号(地球環境科学)取得。放射線医学総合研究所、労働安全総合研究所を経て2011年より現職。
福島第一原発事故直後に現地入りして放射線測定、その様子がNHK ETV特集『ネットワークでつくる放射線汚染地図』で放映され、反響を呼んだ。
現在、福島県二本松市に研究室の分室を設置。福島県民となって原発事故の調査や学校での教育に力を注いでいる。二本松市放射線専門家チームアドバイザー。

講演会「福島第一原発事故から5年 みんなが知らない福島の問題」

講師:獨協医科大学国際疫学研究室室長・准教授 木村真三氏
日時:2016年9月11日(日) 14:00~16:00
場所:国立病院機構霞ケ浦医療センター 講堂
    土浦市下高津2-7-14
当日連絡先:090-6718-7755
参加費:一般500円、学生無料
駐車料金:100円

要旨:原発事故から5年が経ちましたが、未だに「帰るべきか帰らぬべきか」悩んでいる避難区域の住民がいます。無情にも放射線量が低いからと帰還に向けた政策が推し進められ、孤立していく高齢者がいます。川内村ではいち早く帰村宣言を出したため、十分な医療を受けることが難しくなり、今も郡山市の仮設住宅で暮らし病院通いをする老人達がいます。すでに帰還を諦めた人は2014年9月時点で26%、まだ判らないと答えた人は44%を超えます。復興の陰に取り残された住民達の声を紹介します。

講師プロフィール:1967年愛媛県生まれ。放射線衛生学者。2011年8月より現職。ウクライナ国ジトーミル国立農業生態学大学名誉教授。福島第一原発事故直後に現地入りして放射線量測定。その様子はNHK ETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図」で反響を呼んだ。現在、福島県二本松市に研究室の分室を設置し、調査を継続中。

原発事故から4年 福島の医師として今伝えたいこと

講演会「原発事故から4年 福島の医師として今伝えたいこと」

とき 2015年6月14日(日)午後2時~4時
ところ 国立病院機構 霞ケ浦医療センター 講堂
    (茨城県土浦市下高津2-7-14 当日連絡先090-6718-7755)
講師 医療生協わたり病院 医師 齋藤 紀氏

齋藤先生には、福島の医師として、この4年間どう向き合ってきたか、
甲状腺がんの現状や、崩れた社会をどう再建するかについても
お話しいただき、皆さんとともに考えたいと思います。
お誘い合わせの上、お越しください。

主催:ニコエコデイコ
〔事務局〕〒300-0045茨城県土浦市文京町1-50
      茨城県保険医協会内「核戦争を防止し平和を求める茨城医療人の会」
      TEL029-823-7930 FAX029-822-1341

放射線被曝と健康被害~内部被曝について考える~

kikima
講演会「放射線被曝と健康被害~内部被曝について考える~」
講 師:ビキニ水爆被災事件静岡県調査研究会代表・医師 聞間 元(ききまはじめ)氏
日 時:2014年6月8日(日)14:00~16:00
場 所:国立病院機構霞ケ浦医療センター 講堂
    (土浦市下高津2-7-14 大駐車場に面した平屋建ての建物)
参加費:一般500円 学生無料
駐車料金:100円
主 催:ニコエコデイコ
    (事務局)〒300-0045茨城県土浦市文京町1-50富士火災ビル3F茨城県保険医協会内
         「核戦争を防止し平和を求める茨城医療人の会」
         TEL029-823-7930 FAX029-822-1341

【案内】
100mSv以下の被曝では安全であるとか、低線量では高線量に比し影響(がん死亡リスク)が小さいと言えるのでしょうか。
被爆者医療、ビキニ事件を中心とした核実験被害者の調査に関わってこられた聞間先生に臨床医の立場からお話しいただき、皆さんとともに考えたいと思います。お誘い合わせの上、お越しください。

【講師プロフィール】(ききま はじめ)
1972年信州大学医学部卒業。1978年から静岡県原水爆被害者の会相談医。1995年、第五福竜丸元乗組員の健康調査。1997年から全日本民主医療機関連合会被ばく問題委員会委員長、この間旧ソ連セミパラチンスク核実験場周辺やマーシャル諸島の訪問調査。2003年から原爆症認定集団訴訟の支援医師団の責任者、統一医師意見書の作成責任者。原告側証人として法廷での証言を行う。2014年発刊「ビキニ水爆被災事件の真相~第五福竜丸ものがたり」(かもがわ出版)の編集責任者。現在、静岡県保険医協会理事長、生協きたはま診療所所長。

Appendix

訪問者数

実行委員会への連絡

2010年度は6月6日に平和講演会
8月上旬に写真展と
アンゼラスの鐘上映会を行う
土浦周辺の有志の市民が集って運営を行う任意団体「ニコエコデイコ」のブログです。
被爆者の方も参加している実行委員会への連絡は
ココをクリック

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。